イメージ画像

海外で働くひとの壁、言語・英語

いま、海外で働くキャリアを目的としている日本人のエンジニアが増えている様子です。しかしエンジニアといえば技術職、元々英語が堪能な方であれば問題ないとしても語学に不安がある場合はどうすればよいでしょうか。

シンガポールでエンジニアとして働きたい場合、働き方として「日本企業」や「日系企業(日本企業の資本が入ってる会社)」で働くことをまずリサーチするのが良いです。日本人の社員が多いため基本的には日本語で仕事ができるからです。もちろん現地人を雇用している会社の場合は、現地人とのコミュニケーションのために英語を話す必要がある場合もあります(その場合は日本語が話せる現地人であったり、日本人が仲介)。なのでまずは日本人が多くいる会社への転職を成功させるのが安心できるのではないでしょうか。確かにシンガポールでは国としてエンジニアを募集している背景があり技術力があれば就労ビザ付で雇い入れてくれる企業もあるでしょうけど言葉はひとつの条件になります。

日本企業や日系企業が求人を出しているかをリサーチするには人材紹介会社を活用するのがベターです。リクルートA、JAC、アデコなどが海外への転職で有名ドコロです。詳細はTOPページに記載していますのでそちらも参考に。それ以外では時間に余裕があれば実際に現地に渡航して様子を見るなども大切でしょう。現地に法人がある会社や、事務所は必ずあります。海外で働きたいというぐらいですから積極的に行動する方が多いでしょうからアポを取って相談してみるのも悪くありません。重要なのは「現地採用」になるか「日本で採用」になるかでしょうね。現地採用の場合は待遇が現地人と同程度になるので給料等はうまく交渉しないといけません。「日本採用」というのは駐在員になってシンガポールに赴任することをめざすことになるので待遇は良いですね。いずれにしてもエンジニアとしての技術力が見られるのは間違いありませんので英語力などは雇われる会社によって重視されう場合もあるしされない場合もありますね。

このページの先頭へ